東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

レポート:8/28(水)キケロー『友情について』

2013年8月28日(水)19:30~21:00 ■キケロー『友情について』(岩波文庫) ■参加者:8名 ■担当司会:ゲンツ ■内容としては・・・ 今回は小説や戯曲ではなく、哲学エッセイとでもいうべきジャンルの読書会となりました。友情論という主題や、わかりやすい語り口とも相まって、多くの参加者に恵まれ、盛り上がった読書会でした。友情を、利益や惰性ではなく、徳高き者に対する愛に発する感情、そして人間本性に根差した関係と定義す...

9/26(木)モンテーニュ『エセー』

みなさん、こんにちは!今回取り上げるのは、永遠のベストセラー・エッセイ、モンテーニュの『エセー』です。いまや「エッセイ」は立派な文学ジャンルのひとつですが、本書はその元祖ともいえる古典です。16世紀に執筆されたにもかかわらず、現在にいたるまで、ヨーロッパのみならず、世界中で愛読されています。フランス風「エスプリ」の見本とされています。『エセー』は一言でいえば、ありとあらゆる話題をめぐるエッセイ集です...

9/10(火)一周年記念特別企画「なぜ古典を読むのか」

みなさん、こんにちは!しばしば存続が危ぶまれた半蔵門クラシックスも、今月でなんとか一周年を迎えることができました。ひとえに、これまで読書会を応援してくださった、参加者のみなさま、のおかげです。本当にありがとうございました。これからも細々とではあれ、活動をつづけていきたいと思います。今回は一周年記念ということで特別企画です。クラシックス読書会を主宰するようになってから、「なぜ古典を読むのか」「古典は...

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。