東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

1/16(金)バルザック「ゴプセック」

みなさん、こんにちは! 2015年第1回目の読書会は、バルザックの名作「ゴプセック」です。 本作の主人公ゴプセックは、ユダヤ人の血を引くパリきっての高利貸です。 ユダヤ人の高利貸といえば、シェイクスピア『ヴェニスの商人』のシャイロック以来、貪欲な悪者の典型とされてきました。一方、バルザックは、高利貸ゴプセックを独特の金銭哲学者として描いています。 今も昔も、人生を生きてゆく上で、お金ほど厄介なものはありま...

レポート:11/21(金)シェイクスピア『オセロ―』

2014月11月21日(金)19:30~21:00 ■シェイクスピア『オセロ―』(新潮文庫ほか) ■参加者:10名 ■担当司会:ゲンツ ■内容としては・・・ さすがの有名作品だけあって、ひさびさに大盛況の会となりました。映画や演劇ですでにあらすじをご存じの参加者も多かったのですが、上官オセロ―を陥れようとやっきになるイアゴーの凄まじい執念は、みなさんにとって印象的だったようです。また、オセロ―が終始受け身の立場にいるのが不自...

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。