東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/26(火)バルザック『ゴリオ爺さん』

『ゴリオ爺さん』


みなさん、こんにちは!

今回の題名を見て、「地味だなあ、退屈そう」と思ったそこのあなた!それはあまりにもったいない。
半蔵門読書会でも取り上げられた『悪女入門』の著者、鹿島茂さんも大絶賛。
「語のあらゆる意味でこんなに面白い小説はないし、パリについてこれだけ詳細に教えてくれる本もない」。

「第一、主人公はゴリオ爺さんではなく成り上がろうという野心を抱いてパリにのぼった貧乏学生ラスチニャックだから、小説は自動的にお上りさん用のパリ・ガイドになっている。ラスチニャックはパンテオンの裏手の下宿屋に住み、ゴリオ爺さんと出会う。この下宿屋には、謎の中年男ヴォートランも間借りしていて、ラスチニャックはこの男から人生の裏側のメカニズムについて教えられる。この苛酷な人生訓だけでも読む価値がある。」(『歴史の風、書物の帆』)

当日は、みなさんと一緒に19世紀パリの栄光と悲惨をじっくり味わいたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆2013年2月26日(火)


○日時

2月26日(火)  19:30 ~ 21:00

定員:6名(幹事、JONYさん除く)

※最小決行人数は、2名(幹事、JONYさん除く)です。開催1週間前になっても、最少決行人数に満たない場合、流会にさせていただきますので、ご了承ください。


○場所

千代田区平河町2-2-5
カフェバーきよの (店内 禁煙)
03-5212-4146
(半蔵門駅 麹町駅 永田町駅各徒歩5~6分)
http://goo.gl/CYbgq
※メンバーのJONYさんのお店です
ちょっと分かりづらいところにありますので、迷った時にはお店に電話してください。

○参加費

1000円(参加費+飲み物代)

※読書会中のお食事はできません。読書会終了後は、パスタなど(500円)を各自でご注文になれます。

○課題図書

バルザック(著) 「ゴリオ爺さん」 (新潮文庫)

司会:ゲンツ

【紹介】
奢侈と虚栄、情欲とエゴイズムが錯綜するパリ社交界に暮す愛娘二人に全財産を注ぎ込んで、貧乏下宿の屋根裏部屋で窮死するゴリオ爺さん。その孤独な死を看取ったラスティニャックは、出世欲に駆られて、社交界に足を踏み入れたばかりの青年だった。破滅に向う激情を克明に追った本書は、作家の野心とエネルギーが頂点に達した時期に成り、小説群“人間喜劇”の要となる作品である。 (Amazon.jpより)


http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA%E7%88%BA%E3%81%95%E3%82%93-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4102005056/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1355646878&sr=8-1


【参加の申し込み】

参加に先立ちまして、まず「カテゴリ」内の紹介文「半蔵門クラシックスについて」をよくお読みください。


参加申し込みは、hanzoumon_classics0808【アットマーク】yahoo.co.jp宛にメールをお願いいたします。

※【アットマーク】を@に書き換えてください


mixiにも当会のコミュニティページ(http://mixi.jp/view_community.pl?id=6040301)がありますので、そちらから申し込んでいただいても結構です。
また、当会は、読書会紹介ホームページ「reading circle.com」にも登録・紹介されています(http://www.reading-circle.com/archives/bookclub/tokyo/hanzomon_classics.html)

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。