東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/21(木)特別企画「レ・ミゼラブル」を語る会

『レ・ミゼラブル』

みなさん、こんにちは!

もう映画「レ・ミゼラブル」はご覧になりましたか?
長大な原作にもかかわらず、この作品ほど何度も映画化され、
縮約版が出版されている文学も珍しいのではないでしょうか。

今回は映画公開を記念して、半蔵門クラシックス初の特別企画です。
課題本はありません。「レ・ミゼラブル」のあらすじを知っている方ならどなたでも大歓迎です。
もちろん、原作が大好きで読み込んだという方にも、楽しんでいただけたら嬉しいです。

お気に入りの登場人物や、好みの映画版、好きなエピソードなど、肩の力を抜いてゆっくり語り合いましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○日時

2013年3月21日(木)  19:30 ~ 21:00

定員:6名(幹事、JONYさん除く)

※最小決行人数は、2名(幹事、JONYさん除く)です。開催1週間前になっても、最少決行人数に満たない場合、流会にさせていただきますので、ご了承ください。


○場所

千代田区平河町2-2-5
カフェバーきよの (店内 禁煙)
03-5212-4146
(半蔵門駅 麹町駅 永田町駅各徒歩5~6分)
http://goo.gl/CYbgq
※メンバーのJONYさんのお店です
ちょっと分かりづらいところにありますので、迷った時にはお店に電話してください。

○参加費

1000円(参加費+飲み物代)

※読書会中のお食事はできません。読書会終了後は、パスタなど(500円)を各自でご注文になれます。

○課題図書

原作、縮約版、映画、演劇など、「レ・ミゼラブル」のあらすじを知っている方なら、どなたでも大歓迎です!

司会:ゲンツ


【紹介】
わずか一片のパンを盗んだために、19年間の監獄生活を送ることになった男、ジャン・ヴァルジャンの生涯。19世紀前半、革命と政変で動揺するフランス社会と民衆の生活を背景に、キリスト教的な真実の愛を描いた叙事詩的な大長編小説。本書はその第一部「ファンチーヌ」。ある司教の教えのもとに改心したジャンは、マドレーヌと名のって巨富と名声を得、市長にまで登りつめたが……。 (Amazon.jpより)


【参加の申し込み】

参加に先立ちまして、まず「カテゴリ」内の紹介文「半蔵門クラシックスについて」をよくお読みください。


参加申し込みは、hanzoumon_classics0808【アットマーク】yahoo.co.jp宛にメールをお願いいたします。

※【アットマーク】を@に書き換えてください


mixiにも当会のコミュニティページ(http://mixi.jp/view_community.pl?id=6040301)がありますので、そちらから申し込んでいただいても結構です。
また、当会は、読書会紹介ホームページ「reading circle.com」にも登録・紹介されています(http://www.reading-circle.com/archives/bookclub/tokyo/hanzomon_classics.html)

Comment[この記事へのコメント]

募集状況 

  • 主宰者 
  • URL 
  • at 2013.02.19 21:44 
  • [編集]
現在、3名様が参加予定です。

募集状況 

  • 主宰者 
  • URL 
  • at 2013.02.23 10:34 
  • [編集]
現在、4名様が参加予定です。

募集状況 

  • 主宰者 
  • URL 
  • at 2013.03.08 10:00 
  • [編集]
現在、司会を含めて5名が参加予定です。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。