東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/17(水)イェイツ(編)『ケルト妖精物語』

ケルト妖精物語

こんにちは。
クラシックスでは初めて司会をやらせていただくれとろです。

初司会ということで、とにかく自分の好きな作品を挙げようと思い、この『ケルト妖精物語』を推薦させていただきました。
 
日本人にはあまりなじみがないものの、ヨーロッパのファンタジー文化ではギリシア神話と並んでその源流をなす、ケルトの世界。その中でもこれは、妖精の物語だけを集めた民話集です。どこか日本の昔話を彷彿とさせる物語ばかりで、これを読めば妖精世界にぐっと親しみが増すはずです。

シー、グッドピープル、フェアリー、プーカなどなど様々な呼び名を持つ妖精達。妖精というと、羽根の生えた手の平サイズの女の子を想像するかもしれませんが、ケルトの民話に登場する妖精は必ずしも可愛らしい者達ばかりではありません。時には怖ろしく、時には愉快に、人を化かし戯れる妖精達。時には人の役に立つこともあるものの、彼らの行動は人間の道徳心では計り知れないものです。

けれど、そんな不可思議で予想外なことをしでかすのも、彼らの魅力です。

一時、人間界のルールは忘れて、そんな彼らの幻想世界に身をひたしてみませんか。ご参加、お待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



○日時

2013年7月17日(水)  19:30 ~ 21:00

定員:6名(幹事、JONYさん除く)

※最小決行人数は、2名(幹事、JONYさん除く)です。開催1週間前になっても、最少決行人数に満たない場合、流会にさせていただきますので、ご了承ください。


○場所

東京都千代田区平河町2-2-5
カフェバーきよの (店内 禁煙)
03-5212-4146
(半蔵門駅 麹町駅 永田町駅各徒歩5~6分)
http://goo.gl/CYbgq
※メンバーのJONYさんのお店です
ちょっと分かりづらいところにありますので、迷った時にはお店に電話してください。

○参加費

1000円(参加費+飲み物代)

※読書会終了後は、パスタなどを各自でご注文になれます。お食事をご希望の方はコメント欄でお申し込みください(別途500円。内容はお任せ願います)。

お土産について:読書会中に皆でつまめる菓子、果物などのお土産は歓迎です。なお飲み物のお土産はご遠慮ください。(CafeBarKIYONOは飲食店です。お食事・飲料の持ち込みはできません。)



○課題図書

イェイツ(編) 『ケルト妖精物語』 (ちくま文庫)

司会:れとろ、ゲンツ

【紹介】
月夜の緑の草原や、青い海原の底で、バラエティーに富んだ妖精たちと人間が織りなす詩情ゆたかな物語のかずかず。アイルランドで何世紀にもわたって語りつがれ、今なお人びとの心に息づいている祖先ケルト民族のさまざまな民間伝承や昔話のなかから、妖精譚のみを収めた古典的名著。付録にイエイツの「アイルランドの妖精の分類」を収録。 (Amazon.jpより)


http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88%E5%A6%96%E7%B2%BE%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-W%E3%83%BBB-%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%84/dp/4480020497/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1370656368&sr=8-1&keywords=%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%84%E3%80%80%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88


【参加の申し込み】

参加に先立ちまして、まず「カテゴリ」内の紹介文「半蔵門クラシックスについて」をよくお読みください。


参加申し込みは、hanzoumon_classics0808【アットマーク】yahoo.co.jp宛にメールをお願いいたします。

※【アットマーク】を@に書き換えてください


mixiにも当会のコミュニティページ(http://mixi.jp/view_community.pl?id=6040301)がありますので、そちらから申し込んでいただいても結構です。
また、当会は、読書会紹介ホームページ「reading circle.com」にも登録・紹介されています(http://www.reading-circle.com/archives/bookclub/tokyo/hanzomon_classics.html)

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。