東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/4(水)ジョージ・オーウェル『パリ・ロンドン放浪記』

オーウェル『パリ・ロンドン放浪記』

みなさん、こんにちは!

今回の課題本は、20世紀英国を代表する文人、ジョージ・オーウェルによるルポ文学です。

オーウェルといえば、現代文明の虚妄を告発する『動物農場』や『1984年』といった寓話小説やエッセイが有名ですが、『パリ・ロンドン放浪記』はまさしく著者のデビュー作ともいうべき作品です。

ビルマ勤務から帰国したオーウェルは、自分自身の社会観と文学を生み出すため、パリとロンドンの貧民窟にとびこんでゆきます。どん底生活を肌身で体験することは、彼にとって、作家オーウェルへの生まれ変わりのプロセスでもあったのです。 そこでオーウェルは何を見て、何を考えたのでしょうか。

『1984年』で文明論を展開するオーウェル、内戦の現実を直視したオーウェル、 「右であれ左であれ、わが祖国」英国を讃えたオーウェル、エッセイで「良心」を語るオーウェル、そして、本書からはまた新しいオーウェル像が見えてくることでしょう。

当日は彼のパリ・ロンドン生活を追体験するとともに、人間にとっての「旅」とは何か、ということを語りあいたいと思います。


※本書は予備知識がなくとも十分にお楽しみいただけます。時代背景や著者の人物像については、適宜、司会が解説しますので、気軽にご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○日時

2013年12月4日(水)  19:30 ~ 21:00

定員:6名(幹事、JONYさん除く)

※最小決行人数は、2名(幹事、JONYさん除く)です。開催1週間前になっても、最少決行人数に満たない場合、流会にさせていただきますので、ご了承ください。


○場所

東京都千代田区平河町2-2-5
カフェバーきよの (店内 禁煙)
03-5212-4146
(半蔵門駅 麹町駅 永田町駅各徒歩5~6分)
http://goo.gl/CYbgq
※メンバーのJONYさんのお店です
ちょっと分かりづらいところにありますので、迷った時にはお店に電話してください。

○参加費

1000円(参加費+飲み物代)

※読書会終了後は、パスタなどを各自でご注文になれます。お食事をご希望の方はコメント欄でお申し込みください(別途500円。内容はお任せ願います)。

お土産について:読書会中に皆でつまめる菓子、果物などのお土産は歓迎です。なお飲み物のお土産はご遠慮ください。(CafeBarKIYONOは飲食店です。お食事・飲料の持ち込みはできません。)



○課題図書

ジョージ・オーウェル『パリ・ロンドン放浪記』(岩波文庫)


司会:ゲンツ

【紹介】
インド帝国の警察官としてビルマに勤務したあとオーウェル(1903-50)は1927年から3年にわたって自らに窮乏生活を課す。その体験をもとにパリ貧民街のさまざまな人間模様やロンドンの浮浪者の世界を描いたのがこのデビュー作である。人間らしさとは何かと生涯問いつづけた作家の出発にふさわしいルポルタージュ文学の傑作。 (Amazon)


【参加の申し込み】

①まず、紹介文「半蔵門クラシックスについて」をよくお読みください。

②募集状況(コメント欄をご覧ください)をご確認ください。

③hanzoumon_classics0808【アットマーク】yahoo.co.jp宛に、参加申し込みのメールをお願いいたします。

※【アットマーク】を@に書き換えてください

※mixiにも当会のコミュニティページがありますので、そちらから申し込んでいただいても結構です。また、当会は、読書会紹介ホームページ「reading circle.com」にも登録・紹介されています。

Comment[この記事へのコメント]

募集状況 

  • 主宰者 
  • URL 
  • at 2013.11.08 23:54 
  • [編集]
現在はキャンセル待ちです。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。