東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/18(水)プラトン『ゴルギアス』

プラトン『ゴルギアス』

みなさん、こんにちは!

半蔵門クラシックスに古典中の古典、ついにかの哲人、プラトンが登場します。

プラトンは哲学の創始者とみられていますが、生涯、みずからの思想を論文形式で語るということをしませんでした。彼は、対話篇(戯曲形式)こそ、思想の表現にふさわしいと考えたのです。そこではさまざまな登場人物があらわれ、自分の思想をぶつけあうなかで、真理が浮かびあがってくるのです。

今回の主役は、当時のスター知識人、弁論術教師カリクレスです。
彼によれば、世の中は力こそ正義、法律なんてものは強者の利益に沿ったものでしかない。立身出世して、勝ち組になるしかないのだ。弱者として虐げられなくなければな。
弁論術教師は当時のビジネス・スクール講師、リア充のススメを華麗に説きます。

迎え撃つは、アテナイの哲人ソクラテス。彼は、カリクレスの説くリア充礼讃論に対して、「哲学」をぶつけます。善は正義であり、力こそ正義、すなわち、力こそが善である、そのように君は言う。だが、そもそも「善」とは何か?力による支配は、本当に正義にかなっているのか?

理想と現実、哲学の美しさと脆さが交錯する、精神の劇をみなさんと味わいたいと思います。


※合計300ページ以上ですが、課題部分(導入および、カリクレスとの対決部分)は200ページほどの分量となります。

※本書は予備知識がなくとも十分にお楽しみいただけます。時代背景や著者の人物像については、適宜、司会が解説しますので、気軽にご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○日時

2013年12月18日(水)  19:30 ~ 21:00

定員:6名(幹事、JONYさん除く)

※最小決行人数は、2名(幹事、JONYさん除く)です。開催1週間前になっても、最少決行人数に満たない場合、流会にさせていただきますので、ご了承ください。


○場所

東京都千代田区平河町2-2-5
カフェバーきよの (店内 禁煙)
03-5212-4146
(半蔵門駅 麹町駅 永田町駅各徒歩5~6分)
http://goo.gl/CYbgq
※メンバーのJONYさんのお店です
ちょっと分かりづらいところにありますので、迷った時にはお店に電話してください。

○参加費

1000円(参加費+飲み物代)

※読書会終了後は、パスタなどを各自でご注文になれます。お食事をご希望の方はコメント欄でお申し込みください(別途500円。内容はお任せ願います)。

お土産について:読書会中に皆でつまめる菓子、果物などのお土産は歓迎です。なお飲み物のお土産はご遠慮ください。(CafeBarKIYONOは飲食店です。お食事・飲料の持ち込みはできません。)



○課題図書

プラトン『ゴルギアス』(岩波文庫)


司会:ゲンツ

【紹介】
ソクラテスと3人の人物との対話は、弁論術が立身栄達の術とされている現実や若い人の実利主義的道徳意識などを次々と明るみに出す。プラトン(前427‐347)は本篇によって、個人の道徳と同時に政治の問題を追求し、アテナイの現実の政治に痛烈な批判を投げかけた。後に『国家』において発展させられた哲人政治の思想の第一歩である。 (Amazon)

【参加の申し込み】

①まず、紹介文「半蔵門クラシックスについて」をよくお読みください。

②募集状況(コメント欄をご覧ください)をご確認ください。

③hanzoumon_classics0808【アットマーク】yahoo.co.jp宛に、参加申し込みのメールをお願いいたします。

※【アットマーク】を@に書き換えてください

※mixiにも当会のコミュニティページがありますので、そちらから申し込んでいただいても結構です。また、当会は、読書会紹介ホームページ「reading circle.com」にも登録・紹介されています。

Comment[この記事へのコメント]

募集状況 

  •  
  • URL 
  • at 2013.11.08 23:52 
  • [編集]
現在、キャンセル待ちとなっております。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。