東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポート:2/18(火)ダンテ『神曲・地獄篇』

ダンテ『神曲・地獄篇』

2014年2月18日(火)19:30~21:00
■ダンテ『神曲・地獄篇』(河出文庫)
■参加者:9名
■担当司会:ゲンツ

■内容としては・・・
誰もが名前だけは知っている『神曲』の一部を今回は取り上げました。新訳の力量も手伝ってか、文章的にはとても読みやすく、さわやかでした。内容としては、とにかく次から次へと登場する地獄絵図の想像力に圧倒され、なかにはあまりの憂鬱さに参ってしまった参加者の方もいました。それほど読者を恐怖させたと知れば、さぞやダンテも本望でしょう。また、作品後半部から続編につなげる手法も斬新でひきこむものがあり、『煉獄篇』以降も扱ってほしいというリクエストが出たのも印象的です。機会があれば、ぜひ挑戦してみようと思います。



今回もお忙しい中、ご参加いただきまして、本当にありがとうございました。

(ゲンツ)

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。