東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/8(火)デフォー『ロビンソン漂流記』

『ロビンソン・クルーソー』

みなさん、こんにちは!

今回は子供のころから知っている作品、『ロビンソン・クルーソー』を取り上げます。
ロビンソンといえば、無人島で一人サバイバルのあれでしょ?、子供版で読んだ読んだ。そんな方には、ぜひ、原典を読んでみることをおすすめしたいです。
おそらく、想像以上に自分のイメージとはギャップがあると思います。

細かい冒険描写はもちろんのこと、なにより、ロビンソンのなんともいえない微妙なキャラクターが読み手のこころを魅了するはずです。ロビンソンというと、爽やかで屈強な冒険者を思い浮かべていませんか?とんでもない。やたらセコく、物取り、殺人はお手のもの、しかも、自分の行動を宗教で正当化するから性質が悪い。

本作が出版された18世紀、ロビンソンは一大ブームを巻き起こします。海賊版、パロディ物があふれ、その流れは19世紀の『十五少年漂流記』、さらには現代日本の『東京島』までもつづいてゆきます。

多くの翻訳がある本作ですが、今回は、翻訳を日本文学の水準まで高めた吉田健一訳でぜひ、お楽しみください。


※本書は予備知識がなくとも十分にお楽しみいただけます。背景知識等については、司会が適宜解説しますので、気軽にご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○日時

2014年7月8日(火)  19:30 ~ 21:00

定員:8名(幹事、JONYさん除く)

※最小決行人数は、2名(幹事、JONYさん除く)です。開催1週間前になっても、最少決行人数に満たない場合、流会にさせていただきますので、ご了承ください。


○場所

東京都千代田区平河町2-2-5
カフェバーきよの (店内 禁煙)
03-5212-4146
(半蔵門駅 麹町駅 永田町駅各徒歩5~6分)
http://goo.gl/CYbgq
※メンバーのJONYさんのお店です
ちょっと分かりづらいところにありますので、迷った時にはお店に電話してください。

○参加費

1000円(参加費+飲み物代)

お食事をご希望の方はコメント欄でお申し込みください(別途1000円。内容はお任せ願います)。

お土産について:読書会中に皆でつまめる菓子、果物などのお土産は歓迎です。なお飲み物のお土産はご遠慮ください。(CafeBarKIYONOは飲食店です。お食事・飲料の持ち込みはできません。)



○課題図書

デフォー『ロビンソン漂流記』(新潮文庫ほか)

※ほかにも多くの版がありますが、お好きなものをお持ちください。個人的には、新潮文庫版がおすすめです。


司会:ゲンツ

【紹介】
難船し、ひとり無人島に流れついた船乗りロビンソン・クルーソーは、絶望と不安に負けず、新しい生活をはじめる。木材をあつめて小屋を建て、鳥や獣を捕って食糧とし、忠僕フライデーを得て、困難を乗りきってゆく。社会から不意に切り離された人間が、孤独と闘いながら、神の摂理を信じ、堅実な努力をつづけてゆく姿を、リアリスティックに描いたデフォーの冒険小説である。


【参加の申し込み】

①まず、紹介文「半蔵門クラシックスについて」をよくお読みください。

②募集状況(コメント欄をご覧ください)をご確認ください。

③hanzoumon_classics0808【アットマーク】yahoo.co.jp宛に、参加申し込みのメールをお願いいたします。

※【アットマーク】を@に書き換えてください

※mixiにも当会のコミュニティページがありますので、そちらから申し込んでいただいても結構です。また、当会は、読書会紹介ホームページ「reading circle.com」にも登録・紹介されています。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。