東京クラシックス読書会

東京・半蔵門で、文学作品を味わう読書会です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポート:3/20(金)中島敦『わが西遊記』

中島敦『わが西遊記』

2015月3月20日(金)19:30~21:00
■中島敦『わが西遊記』(講談社文芸文庫)
■参加者:8名
■担当司会:ゲンツ

■内容としては・・・

だれもが知っている、中国の古典『西遊記』を、沙悟浄を主人公にアレンジしたのが本作です。未完成の作で、あまり長い作品ではありませんが、いかにも中島敦らしい硬質な文体と所々に登場するマニアックなネタが興味をそそります。とくに参加者たちのあいだで話題にのぼったのが、前半部分、自意識にとらわれて苦しむ沙悟浄が魔界のさまざまな賢者たちを訪ねて歩く場面です。どの賢者の説に共感するかで、そのひとの性格がよくあらわれていました。



(ゲンツ)

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

QRコード ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。